転職者事例

事例紹介:営業事務職からベンチャー企業の広報職へ転職!

投稿日:

求人広告業界での経験を活かし「広報職」へ転身!

今回は、求人広告業界で関わった企業採用活動の経験を活かし、「営業事務」から「広報職」へ転身をとげた、
株式会社HumanInvestment 中井優里さんにお話を伺いました。

 

転職を考えたきかっけは?

専門学校を卒業後、求人広告業界へ就職し、営業事務として多くの企業の採用活動に関わってきました。

転職を考えたきっかけは、営業事務だけでなく、他の職種も経験してみたいと思ったことも理由の1つです。

それと、さまざまな企業の採用をお手伝いしていく中で、その会社独自の珍しい福利厚生や制度を、求職者の興味を引く文章で広告に掲載する必要がありましたので、その視点やスキルが活かせるのではと考え、企業のことを多くの方に知ってもらう職種に興味を持ち「広報職」を選択しました。

未来広報室を選んだ理由は?

「未来広報室」で知人が働いており、"広報職で転職活動している"という話した際に「未来広報室」を紹介していただきました。

また、広報に特化した求人を扱っているということもあり、私が認識していなかった広報に関する情報などについても丁寧に教えていただけたことが大きかったです。

未来広報室を利用した感想は?

転職活動を行っていく際、こちらの希望条件や質問、希望する企業との連絡など迅速に対応していただいたので、スムーズに転職活動を行うことができました。

また、就職先が決定した後も、勉強会やセミナーなどを継続的に受講できるサービスは、広報未経験者の私にとってはとてもありがたく、未来広報室ならではの魅力だと思います。

この企業を転職先に選んだ理由は?

転職先に選んだ株式会社HumanInvestmentは、当時「広報職」という
ポジション自体が新しくできたばかりのベンチャー企業でした。

そのため、未経験でも会社と共に勉強しながら進んでいける点に
一番の魅力を感じました。

また、面接で訪問した際の雰囲気や、面接担当(現在の上司)の人柄が
とても素晴らしく、自身が成長・活躍できると感じ入社を決めました。

写真)中井さんと上司の永友さん(会社受付前にて)

 

 

今後のビジョンや意気込みを一言!

社内の広報体制を整えながらも、自社サービスや商品が生み出され続ける当社の最前線で、広報として貢献できるよう常に新しい情報にアンテナを張り、勉強を怠ることなく奔走していければと思っています。

ITベンチャー企業の広報職へ転職し、広報未経験でありながらゼロから広報の体制づくりに取り組み、自社の魅力、サービスや商品の魅力を世に伝える広報の仕事を楽しみながら奮闘している、中井さん。

中井さんの転職による「キャリアアップ」のお手伝いができたことは、私たちにとってもうれしいことです。

これからも中井さんの「広報体制」づくりへの取り組みや企業や商品・サービスのファンづくりを、微力ながら後方支援していきたいと思っています。

お忙しい中、取材へのご協力、本当にありがとうございました。

簡単1分エントリーはこちら

-転職者事例

Copyright© 未来広報室 , 2020 All Rights Reserved.