転職者事例

事例紹介:物流事務での折衝力を活かし広報職へ転身!

投稿日:

会社に依存せず生きていくために転職を決意

今回は、「会社に依存しなくても生きていけるスキルが欲しい!」という思いから転職を考え、対話でも、文章でも、コミュニケーション能力が問われる「広報職」に魅力を感じ未経験で広報職に転身したKTさんにお話を伺いました。

転職を考えたきかっけは?

安定が不安定とされるこのご時世、「会社に依存しなくても生きていけるスキルが欲しい!」と考えるようになったことがきっかけです。

前職では物流事務に携わっていましたが、業務の中でもとくに骨が折れるのは、人と人との間での折衝でした。

一方で、その業務に最もやりがいを感じていたので、今後のキャリアでは、人との対話や関係性づくりの中で培われるスキルを最大化していきたいと考えました。

営業やカウンセラー、人材コーディネーターなども選択肢にいれ転職活動をしていたところ、社内と社外のどちらの視点も持ちつつ、対話でも、文章でも、コミュニケーション能力が問われる「広報職」に魅力を感じやってみたいと思いました。

未来広報室を選んだ理由は?

未経験から広報職への転職をサポートされていたのが一番の理由です。

基本的に即戦力を求められる中途採用の市場において、企業側が「未経験でも広報に通じるスキルがあれば採用したい」と考えている前提があるかないかで、転職の成功率も変わってくるのではないかと考えました。

未来広報室を利用した感想は?

初めての転職活動だったということもあり、応募書類へのアドバイスや面接対策など、一つひとつが的確で大変頼もしかったです。

実際、広報専門ではない他のエージェントも並行して活用させていただきましたが、「未来広報室」は、比較的に書類通過率が高かったです。

前職が物流事務という専門的職種だったので、広報職に通じるアピールポイントは、営業経験者の方より弱いことに不安を感じていたのですが、初回面談時に前向きに話を聞いてくださり、「できると思う!」と言ってくださったのは、小さな自信になりました。

この企業を転職先に選んだ理由は?

広報活動にリソースが割けず、これから社内ブランディング、外部への広報活動を活発化していきたい、というタイミングだったので、決まった形がないなかで、試行錯誤しながら、広報活動に取り組む難しさと面白みの両面があるのではないかと思いました。

また、広報活動をするにあたっては、その会社に対し心から魅力を感じる必要があると考えていたので、介護という業界で、非常に社会貢献度の高い事業を展開している企業であることも決め手になりました。

今後のビジョンや意気込みを一言!

業界も、業種も、全くの未経験からの挑戦なので、わからないことだらけではありますが、全く違う畑から来た者だからこそ見える価値や魅力もあると思います。

まずは、会社の情報を吸い上げられるよう信頼関係の構築、会社を知り尽くすところから着手し、社内・社外においての自社の魅力向上のため、活動を拡げていけたらと思っています。

「会社に依存しなくても生きていけるスキルが欲しい」という思いで、「物流事務」から、未経験の「広報職」への転職にチャレンジした、KTさん。

事務職からの転職ということで、営業経験者よりアピール力が弱いのではという不安もあったようですが、希望する広報職への転職が叶い、私たちもうれしく思います。

今後のご活躍を楽しみにしています。

お忙しい中、取材にご協力いただきありがとうございました。

簡単1分エントリーはこちら

-転職者事例

Copyright© 未来広報室 , 2020 All Rights Reserved.